TEL:084-930-4730
〒729-0104 広島県福山市松永町352-13 [診療時間]9:00~12:30/14:30~18:30 [休診日]水曜日・日曜祝日
審美歯科専門サイト小児歯科専用ページ

福山市 尾道市 松永 予防歯科 小児歯科 求人 募集 入れ歯 ホワイトニング 審美歯科 インプラント むし歯 歯周病 補綴 痛くない

予防管理型の歯科医療

私たちの使命・信条 ODCミッション・クレド
入れ歯治療 自然なつけ心地で快適な生活を取り戻しませんか。 OMデンチャーラボ 総義歯専門技工所 歯科衛生士 募集中です!! ODC News 岡本歯科医院のニュースブログです! ODC スタッフブログ ショートメールで予約お知らせ 予約日時を携帯電話にショートメールでお知らせする便利なサービスを行っております。ぜひご利用下さい。 詳しくはこちら EPARK歯科

予防管理型の歯科医療とは?

予防管理型の歯科医療とはなんでしょうか?

岡本歯科医院では、予防管理がすべての基本となっています。むし歯や歯周病にかからないように、また残念ながら治療が必要になってしまった場合にも、治療後の再発がおこらないように予防する。その予防計画を、個人ごとに提案し実践することが、予防管理型の歯科医療です。

今までの歯科医療と違うの?

痛くなってから来院するのではなく、痛くならないように来院する。これには大きな違いがあります。
実際の統計によると、予防管理型の医療を受けた場合、従来の方法と比較して、トータルの来院回数は減少し、かかった治療費も減少したとの報告があります。よく考えれば当たり前のことです。
その上、痛い思いをしなくてもよい、健康を維持できると良いことずくめです。

少し考えを切り替えて、ぜひ予防管理型の歯科医療に転換しましょう。

どうやって予防計画をたてるの?

まずはリスクを診断することから始めます。基本的なレントゲン検査や歯茎の検査、噛み合わせの検査などから、現状を確認します。細菌検査や清掃状態、歯科治療の履歴などからも沢山の情報が得られます。

このような検査からむし歯や歯周病に対するリスクを診断し、個人にあった予防計画を立案します。
お子様の場合は初回に無料でむし歯のなりやすさを検査しています。

>>ウ蝕活動性試験について

具体的にはどんな予防処置を行うの?岡本歯科医院における診療方針

ブラッシング指導

予防の基本は、いかにして口の中の細菌数を減らすかにかかっています。そしてそれには歯ブラシや糸ようじが必須です。しかし残念ながら正しいブラッシング法を身につけている方は多くはないです。
当院では個人にあったブラッシング方法、歯ブラシの種類を提案しております。

つまようじ法ブラッシング

岡本歯科医院では、成人の方には毎回つまようじ法ブラッシングを行います。つまようじ法とは岡山大学の予防歯科で開発されたブラッシング法で、歯周病予防に大きな成果をあげています。
専用の歯ブラシは個人ごとにご用意し、院内で消毒管理しております(無料)。歯茎がすっきりしてとても気持ちいいです。ぜひお試し下さい。

縁下(えんか)歯垢、縁下歯石の除去

歯周ポケットの中の見えないところに隠れている細菌の塊が縁下歯垢、縁下歯石です(皆様のご存知の歯石とは少し違います)。これが歯周病を進める大きな原因となりますが、見えないため気づかないのです。これを定期的に除去することで、口の中の細菌数を減らします。
長期間取らずにいると、固まってしまってとれなくなってしまうため、必ず定期的に除去しましょう(期間については個人差が大きいです)。

PMTC(機械を用いた歯面の研磨)

定期的に歯面を研磨することで、歯垢が付着しにくくなります。歯ブラシでの清掃が行いやすくなり、口の中の細菌数を減らすことができます。
また、茶渋、コーヒー、タバコのやになども除去でき、歯の表面がピカピカに輝きます。

噛み合わせの調整

あまり知られてないことですが、噛み合わせが原因でむし歯や歯周病が進みます。強い力がかかりすぎると、歯が欠けたり、詰め物が壊れたり、歯の周りが炎症をおこしたりするのです。そして実は、その噛み合わせも年とともに徐々に変わっていくものなのです。そのため、定期的に噛み合わせを確認し、問題があれば少し削って調整する必要があるのです。

シーラント

主にお子様に行います。むし歯リスクの高い歯の表面の溝をセメントで埋めてしまいます。
当院ではフッ素を放出するセメントを使用してシーラントを行っています。

フッ素塗布

主にお子様に行います。歯の表面に塗布し、歯質を強化します。
検査の結果、むし歯リスクの高いお子様の場合は、お家でもフッ素塗布をしていただくことがあります。

予防処置に健康保険は適用されるの?

ほとんどすべての処置が健康保険の適応です。中には適応外の検査等もあります。
いずれにしても計画をたてて、良く確認していただいてから進めていきますので、心配ありません。

定期健診(メンテナンス)はどのくらいの間隔で行うの?

個人差がありますが、ホームケア(お家でのブラッシング)の状態、リスクの高さなどによって判断します。3ヶ月ごとに来院される方が一番多いように思われます。長くても6ヶ月ごとでは来院された方がよいでしょう。1ヶ月ごとや、2週間ごとという方も沢山おられます。

岡本歯科医院における予防管理の流れ

初めて来院された時

ご要望のご相談・予防管理についての説明
個室の相談室において皆様のご要望を伺います。
予防管理の重要性についてご理解いただいてから進めていきます。
各種検査
お口の状況を詳しく調べ、レントゲン検査、写真撮影などを行います。
必要な処置
痛みがある部分や緊急性を要する治療は必ず行います。

初診時は検査等を詳しく行いますので、時間に余裕を持ってご来院下さい。約1時間の診察時間となります。処置内容によりますが、初診時は4,000円以上の費用がかかる場合が多いです(健康保険3割負担の場合)。

2回目以降

診断・方針説明
検査結果から診断と計画書を作成し、詳しくご説明します。
予防計画についてもご説明します。
治療
むし歯、歯周病の治療を行います。
必要な処置
治療完了後、予防処置に入ります。定期的に来院していただき、クリーニングや状態のチェックを行います。